医療レーザーとサロン脱毛

カルテをとる医師の手
意外と知らない、医療レーザーとサロンでの脱毛の違い。
メリットからデメリットまでご紹介します。
自分に合った脱毛方法を選びましょう!

医療レーザー

医療レーザーのメリットは、照射熱が高く一度の効果が感じやすいことにあります
法律で、照射熱の温度設定には決まりがあり、医師免許をもたない脱毛サロンでは、照射熱を高く設定することができません。

よく医療レーザーは痛いという話を耳にしたことはありませんか?
脱毛のとき痛みが生じるのは、メラニンが破壊されることで痛みを感じるからです。
そのため照射熱の高い、医療レーザーは一度の効果が高いため、痛みの分メラニンがおおく破壊され、結果ムダ毛が早く脱毛できます。
最近のクリニックでは、皮膚麻酔で痛さ対策しているクリニックもおおいため、事前に相談して脱毛してもいいでしょう。

〈デメリット〉

金額面で脱毛サロンよりも高い傾向にあります。
一度の効果が高いため、脱毛サロンより施術回数は少なくすみ、脱毛完了期間も短くすみます。しかしトータルコストは、脱毛サロンより高いことがほとんどです。

脱毛サロン(IPL・HSなど)

お風呂に女性の足と花
医療レーザーほど高い出力をだすことはできません。
しかし医療レーザーはほとんどが医師でなく、看護師が照射をすることが多いです。
脱毛サロンでは、美容のプロが施術を行います。
医療レーザーもサロンも脱毛機械を使って施術しますが、コツがあり施術の仕方で痛みや効果も変わります。美容のプロが施術することで、個人個人にあてはめて脱毛効果を高めてくれるメリットがあります。

〈デメリット〉

医療レーザーより照射熱が低いため、施術回数が必要です。
金額面では脱毛サロンが安くすみますが、施術回数が必要な分、脱毛に割く時間が必要です。
早く脱毛を完了したいひとは医療脱毛、金額面を優先したい人は脱毛サロンを選ぶとよいでしょう。